バチカンの「使徒座空位」切手セット

クリックしていただくと更に拡大してご覧いただけます。
STORY
ローマ法王が亡くなって、コンクラーベで次の法王が選出されるまでは「法王空位」。バチカン市国は、集団指導体制となり、その期間だけ「空位切手」を発行しました。この「空位切手」は、バチカンの普通切手に「SEDE VACANTE(空位)」の文字と、「空位紋章」(傘とパウロの鍵)が、印刷されていて、2006年4月2日から4月19日までしか使用できないレアな切手。マニアの間では高値で取引されたとか。そんな切手をたまたま発見したので、どなたか興味がある方へ。
数量:
  • 在庫なし
※ブラウザによって実際の商品とは色彩など異なる場合がございます。
※店舗や他サイトでも販売している商品については、時間差で販売済みとなってしまう場合もございます。予めご了承ください。
RELATED ITEMSこのアイテムに関連するアイテム