合格する!?「製図板」

クリックしていただくと更に拡大してご覧いただけます。
STORY
一級建築士になるには、一次の学科試験と二次の実技試験を突破しなければなりません。
実技試験で必要になってくるのが、図面を描くための「製図板」。
受験者は、規定された条件を満たすものを試験場に持ち込むのですが、製図板には、BATONのように受け継ぐ習慣があるのです。
合格者を出した製図板は、縁起が良いことから学校や建築事務所の先輩から後輩へと受け継がれます。
今回出品する製図板は、ぼくが、実際に一級建築士試験で使用し、一発で合格したものです。
更にその後、この製図板で2人の合格者を生んだ、まさに“合格する製図板”なのです。
建築家を志す方に使っていただきたいと思います。
“PASS THE BATON”で、4人目の合格者になってください!

In order to become a class 1 certified architect in Japan, one must first pass a rigorous written test, and then put your skills to the test in a practical examination. During the practical, one needs a drafting board. Test-takers bring their regulation boards into the testing site, but these boards are rarely new, often handed down from elders to juniors in schools and architectural firms. A board passed on by someone who has become licensed is believed to have a good memory, and brings test-taking luck to the next user. I used this board and became licensed on the first try! And not only that, but two people after me used this board and passed. This is a lucky board! I would love for an aspiring architect to use this board and through PASS THE BATON, bring this board's license total to four!
数量:
  • 在庫なし
※ブラウザによって実際の商品とは色彩など異なる場合がございます。
※店舗や他サイトでも販売している商品については、時間差で販売済みとなってしまう場合もございます。予めご了承ください。
RELATED ITEMSこのアイテムに関連するアイテム