EXHIBITOR

渋谷 慶一郎

音楽家。1973年生まれ。東京芸術大学作曲科卒業。

2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音楽作品をリリースする。

代表作に『ATAK000+』、 『ATAK010 filmachine phonics』 など。

2009年、初のピアノソロ・アルバム『ATAK015 for maria』を発表。

2012年末に、初音ミク主演による世界初の映像とコンピュータ音響による人間不在のボーカロイド・オペラ「THE END」を山口情報芸術センター(YCAM)で制作、発表。初音ミク及び渋谷慶一郎の衣装をルイ・ヴィトンが担当し、斬新なコラボレーションが話題を呼んだ。

2013年11月には、パリ・シャトレ座にて「THE END」パリ公演を開催。三公演のチケットが即時にソールドアウトするなど大きな話題となった。また、同時にCD作品として『ATAK020 THE END』 をソニーミュージック、およびソニーミュージック・フランスから発表。

2014年4月、パリのパレ・ド・トーキョーで開催された現代美術家・杉本博司の個展に合わせて、杉本とのコラボレーション・コンサート「ETRANSIENT」公演を開催。同年10月には、昨年THE ENDパリ公演を開催したシャトレ座にて、ピアノとコンピュータによるソロ・コンサートを開催した。

2015年2月にはパリのパレ・ド・トーキョーでロボット学者・石黒浩とのコラボレーションにより人型アンドロイド・コウカロイドとの共演によるコンサート、デモンストレーションを行う。また、パリのパレ・ド・トーキョーでパリ・オペラ座のダンサーたちとのコラボレーションによる公演「THE WAY OF THE RABBIT」に唯一の音楽家として参加。7月にはソニークラシカルより『ATAK022 Live in Paris Keiichiro Shibuya』を発表。9月には完全アンプラグドのピアノソロ・コンサート「Playing Piano with No Speakers」を2日連続で開催した。また、イタリアを代表するブランドであるエルメネジルド・ゼニアやフランスのピガールのために書き下ろしの楽曲を提供、J-WAVEの新番組「AVALON」のメインテーマ曲を担当するなど活動は多岐にわたっている。5月にはパリでオペラ座のダンサーたちとの公演「Parade」を発表し同公演は来年の巡回が予定されている。

http://atak.jp/ja/news/
渋谷 慶一郎 さんの出品