EXHIBITOR

吉見 佑子

大阪府豊中市生まれ

20代 ラジオDJ/歌手/作家ほかフォークミュージックの中心的存在として活躍
『ペパーミントは涙の味がする』『拝啓、チャボさま』など発売
吉田拓郎、泉谷しげる、矢沢永吉、南こうせつ、井上陽水などの歌手を手がける
30代 RCサクセション、長渕剛、YMOのメンバーと出会いすでに廃盤になってい
た『シングルマン』の再発を手がける。ほか歌手/作詞/企画等を行う。
『芸能界でコーヒー・ブレーク』『耳をかんで。ガムを噛んで』等を発売小泉今
日子、徳永英明、アルフィー、井上陽水、舘ひろし、吉川晃司、銀色生、安全地
帯、宇崎竜童、阿木耀子等の歌手を手がける。
40代以降 小室哲也のアドバイザーの一人となり、エイベックスと出会い、TRF
のデビュー&プロモーションELT、浜崎あゆみJ&M(ジュディ&マリー)などを手
がける。COCCOのデビュー戦に参加、Xジャパン時代のYOSHIKIのパブリック
イメージのコンサルタント、小室哲哉にYOSHIKIをコーディネイトする。
また、矢井田瞳、椎名林檎などはデビュー時期にいち早くその才能を見抜き、プ
ロモーションを手がける。

Born in Osaka

During her 20`s, worked mainly with folk music, as a radio DJ, singer and artist, and contributed vocals for the work of Takuro Yoshida, Eikichi Yazawa and others.

During her 30s, continued making contributions in the music industry, being influenced by meeting members of YMO, RC Succession, etc, by writing lyrics, singing and planning the work of others.

Since 40, been an advisor to Tetsuya Komuro, and subsequently through AVEX, has had a hand in the production and promotion of many well-known artists.
吉見 佑子 さんの出品