リチャード ジノリ×皆川明 テーブルウェアシリーズ

1735年より280年余りつづく伝統を守りながら、バラエティ豊かなクリエイションを続けているイタリアの老舗ブランド‘リチャード ジノリ’は、2017年より‘皆川明’を専属デザイナーに迎え「SPERANZA(スペランツァ)」「FLORENTIA(フロレンティア)」などのテーブルウェアコレクションを発表してきました。

“希望”という名のコレクション「SPERANZA」の 2羽の鳩を配した「SPERANZA」、知恵と平和の花言葉を持つオリーブを描いた「OLIVA(オリーヴァ)」、新芽が生える様子をモチーフにした「GERMOGLIO(ジェルモリオ)」の全3柄をキャンバスに、皆川明自身が描いたモチーフからイメージする景色やストーリーを新たに言葉にして綴りオーバープリント、日本の厳しい製品基準をクリアできなかった器に新たな命を吹き込みました。




【SPERANZA(スペランツァ)】

Encounters are not something we decide,
our surroundings bring them into our lives.
They are miracles we can’t make happen on our own, thus we cherish them.
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
出会うことは私達が決めたことではなく
私達の周りが引き寄せたものである。
私達だけでは起きない奇跡だから大切にしなければならない。



【GERMOGLIO(ジェルモリオ)】

When a new life begins to sprout,
change is born and a new possibility begins.
Life is not infinite and possibilities are not infinite.
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
生命が芽吹くということは世界に変化が生まれることであり可能性が始まることである。
生命は無限ではなく可能性も無限ではない。



【OLIVA(オリーヴァ)】

One gain good health from olives.
At the same time, we get a beautiful scenery and also the joy of harvest.
What can one do for olives?
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
オリーブの実によって私達は健康をもらっている。同時に美しい景色と収穫の喜びも。
人はオリーブに何ができるだろう。